So-net無料ブログ作成
検索選択

2017新春紀伊半島の旅その12(名松線巡り→最後にうなぎ) [中部地方の旅行記]

さていよいよラストスパートです。

道の駅茶倉駅を出て狭い国道を回避して県道を進みます。
今回最後の道の駅となるのは美杉です。


伊勢南紀 (200).jpg
↑道の駅美杉駅舎。ここはきっぷ購入のための再訪。


さて後は津に戻るだけですがその前に近くにある名松線の駅に寄っていきます。

名松線は台風災害で2009年以来一部区間が不通となっていましたが

2016年3月に全線で運転を再開しました。


伊勢南紀 (204).jpg
↑終点の伊勢奥津駅駅舎。ここは昔乗りつぶしで訪れた時は
古い駅舎でしたが建て替えられています。


伊勢南紀 (207).jpg
↑駅舎内の様子。


伊勢南紀 (209).jpg
↑伊勢奥津駅駅名標。遠く離れていますが旧美杉村は津市に編入されています。


伊勢南紀 (211).jpg
↑線路はここで途切れています。名松線という名は名張と松阪を結ぶということですが
現在鉄道では結ばれていません。ここから名張までのバスは

わずかにありますが旅行者にはほぼ使えないダイヤです。


続いて進む途中列車が見えました!慌てて次の駅へ向かいます。


伊勢南紀 (213).jpg
↑列車を撮影できました。この駅は・・・


伊勢南紀 (214).jpg
↑伊勢竹原駅です。古い駅舎が残っています。


伊勢南紀 (216).jpg
↑駅舎内部。出札窓口はシャッターが降りています。
もう上がることはないかもしれません。


伊勢南紀 (219).jpg
↑伊勢興津方面をのぞむ。


伊勢南紀 (220).jpg
↑伊勢竹原駅駅名標。


伊勢南紀 (224).jpg
↑この傘置き場、古き良き日本を思い出させるものですね。


さてこの後も進み津市街に戻ってきました。

最後帰京する前に夕食をとりたいと思います。

この辺りうなぎ屋が多くしかも安いので今年一年元気に過ごすために寄っていきます。


伊勢南紀 (225).jpg
↑こちらのはし家さんへ。午後5時台ですが上層階で宴会をやっているようで
賑わっていました。


伊勢南紀 (226).jpg
うな丼の上をいただきます。丼を覆いつくすうなぎが4切れ入って

お値段はなんと税込2,340円。

東京なら4,000円取られてもおかしくありません。

味もしっかり焼けていてタレも辛めで自分好みでした。大満足です。


伊勢南紀 (227).jpg
↑最後は近鉄の津駅から急行に乗り名古屋へ。
意外と混んでいたので最初は立っていましたが四日市で座れることができました。

名古屋で新幹線に乗り換えて帰京しました。


ということで熊野三山と伊勢神宮を一回の旅で参拝する初詣の旅は終了です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0