So-net無料ブログ作成

2016秋大分・熊本温泉紀行その13(黒川温泉へ) [九州地方の旅行記]

寺尾野温泉を後にして国道へ戻り黒川温泉を目指します。
今や全国的に有名な黒川温泉ですが訪問は初めて。

非常に混雑しているイメージがありましたがこの日は3連休明けの平日、
更に華柚の女将さん曰く地震の影響で外国人観光客が減っているとのこと。
多少はゆっくりできるのかなと思っていました。

小国 (233).jpg
↑黒川温泉の中心、風の舎。ここの駐車場にすんなり停められたので
空いている方なのでしょう。黒川温泉といえば露天風呂巡り、
なので3ヶ所に入れる入湯手形を購入します。

訪れる旅館はある程度決めていたのでまずはいこい旅館へ。

小国 (235).jpg
↑いこい旅館の建物。ここは滝が見える露天風呂が名物です。

小国 (236).jpg
↑温泉街を散策。丸鈴橋から田の原川を撮影。風情がありますね。

小国 (237).jpg
↑黒川温泉は人気の温泉地となりましたが由布院のように外部資本を入れず
温泉街の秩序を保っているので非常に好感が持てます。

続いて食事と思ったのですが予定していた店は休日。のようで次の温泉へ。

小国 (239).jpg
↑続いて訪れたのは新明館です。ここは黒川温泉の火付け役、
後藤哲也さん経営の宿で氏がノミで掘った洞窟風呂が名物です。
ただ洞窟風呂は暗くて湯気がすごくて眼鏡着用の自分には向かないので
露天風呂に入りました。こちらも温めでゆっくりできてよかったです。

続いて昼食です。本当はたかなめしを食べたかったけどまあいいか。

小国 (243).jpg
↑こちらのわろく屋さんで・・・

小国 (240).jpg
↑3種のカレーセットをいただきました。それぞれ個性があっておいしかったです。

更に散策します。

小国 (245).jpg
↑黒川地蔵尊。ここからいご坂を上っていきます。

小国 (247).jpg
↑3カ所目の入浴はのし湯さんで。ここは自分にはちょっと熱かったかな?
でもどこも湯量豊富のかけ流しで気持ちの良い温泉でした。

小国 (248).jpg
↑のし湯さんの風情ある佇まい。

ということで黒川温泉を堪能しました。

これから本日の宿泊地へ向けて東へ向かいます。

小国 (251).jpg
↑途中三愛レストハウスで休憩。

小国 (252).jpg
↑瀬の本高原からの素晴らしい風景です。
奥に見えるのは阿蘇五岳かな。
噴火の影響は感じさせません。

小国 (253).jpg
↑くまモンの自動販売機を発見!
この後間もなく熊本を離れます。

ということで熊本県から再び大分県へ入り今宵の宿を目指しますが続きはまた次回。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0