So-net無料ブログ作成
検索選択

2016秋大分・熊本温泉紀行その3(町田駅跡と宝泉寺駅跡) [九州地方の旅行記]

前回の続きです。筋湯温泉から北西へ進み宝泉寺温泉へ至ります。
そこから北上しバイパスを外れ旧道を進んでいきます。

途中場所が分からなかったので郵便局の前に車を停めます。
少しずれていました。そして・・・

小国 (33).jpg
↑こちらの閉鎖された公民館の脇を通り・・・

小国 (38).jpg
↑この古びた階段を登ると・・・

小国 (36).jpg
↑2013年に新しくできた町田バイパスに出るわけですが、この歩道の右側、
今では草の生えている所には・・・

小国 (34).jpg
↑駅名標が立っています。
旧国鉄宮原線の町田駅跡。宮原線は恵良から肥後小国までを結ぶ
盲腸線でしたが、人口の少ない地域を通ること、県境を越えることもあり
利用者は少なく1984年に廃止されました。
廃止から30年以上経ちましたがこうして駅名標が残っています。

小国 (37).jpg
↑線路跡がこうしてバイパスに転用されているわけです。

ここから折り返し宝泉寺温泉街へ戻ります。その中に・・・

小国 (39).jpg
↑こちらの建物が建っています。旧宝泉寺駅跡に建てられた鉄道記念館。
しかし現在では閉鎖されています。

小国 (41).jpg
↑建物の脇にひっそりと駅名標が残っています。

小国 (42).jpg
↑名所案内板もかすれながら残っています。
近隣の温泉が記されています。

小国 (44).jpg
↑駅舎跡は建物の隣の駐車場になります。
こちらの通路は駅舎とホームを結んでいたもの。
ここを登っていきますと・・・

小国 (45).jpg
↑ホーム跡に出ます。ここもバイパスになっています。

ということで宮原線の廃線跡はなかなか見ごたえがありますが
ハイライトはこれからになります。
続きはまた次回。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0