So-net無料ブログ作成
検索選択

2016秋大分・熊本温泉紀行その2(筌ノ口温泉と筋湯温泉) [九州地方の旅行記]

一度書いたのがエラーで消えてしまいましたが
気を取り直してもう一度。

腹も膨れたところで続いては温泉です。
まず訪れたのは筌ノ口温泉山里の湯です。
ここを選んだのは泡付きがすごいと聞いていたから。
山梨県の韮崎旭温泉や山口温泉は良く行っていますが
それ以上の泡付きと言われているので期待してきました。

小国 (23).jpg
↑筌ノ口温泉の他の施設とは離れていて県道から入ってすぐの所にあります。
500円を払い裏手の浴場へ。

小国 (20).jpg
↑こちらが浴槽。中で2つに仕切られています。
右側が4人くらい入れて38度くらいのぬる湯、
左側は2人も入れば一杯になる小さな浴槽で40度くらい。
左側の浴槽に源泉が配湯されていて確かにすごい泡付きです。
これは素晴らしいお湯に出会いました。

小国 (21).jpg
↑脱衣所にある案内。有料(100円)のコインロッカーあり。

続いて南下していきます。途中目的の温泉を意図的に少し通り過ぎ小松地獄へ。

小国 (24).jpg
↑このように噴気が上がっていたり・・・

小国 (26).jpg
↑熱湯が湧き出ています。

小国 (27).jpg
↑荒涼とした光景で地獄と呼ぶにふさわしい場所でした。
なお温泉卵を作ることのできる場所もあります。

小国 (28).jpg
↑この辺り一帯は筋湯温泉と呼ばれる温泉街です。

小国 (29).jpg
↑今回利用した軽自動車

そして筋湯温泉と言えば・・・

小国 (30).jpg
↑こちらの共同浴場、筋湯うたせ大浴場です。
その名の通りうたせ湯が名物です。
うたせ湯は両肩に当たってなかなか快適でした。

小国 (32).jpg
↑筋湯温泉は風情のある温泉街です。こちらは宿泊も検討した大黒屋さん。

更にここから北西へ進みますが続きはまた次回。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0